調理室より 2017.03

もう間もなく、どの子どもも1つ年の上のクラスにすすむ日が迫ってきましたね。おめでとうございます。
1年間元気いっぱい遊んで、おやつもごはんもとてもよく食べてくれました。ご家庭でのご協力もありがとうございました。
私の息子が小さいころ、学童保育の先生からうかがったお話をご紹介したいと思います。
「毎日仕事をもつ親は大変です。休日はゆっくり眠りたいでしょう。ゆっくり休んでください。それでいいんです。でも子どもの食べるものには、ほんの少しでいい、手をかけてあげてください。具のない味噌汁でもいいです。毎回でなくてもいいです。ひとつ何か作ってあげてください。子どもの成長にはそんな親の思いがとても栄養になると思っています。」
細かい表現は違ったかもしれませんが、今でもたまに思い出すお話です。